記事詳細

【PNN】500回転到達で発動…「遊タイム」でパチンコ新時代到来! 突入すれば大当たりはもらったも同然「Pモモキュンソード」(西陣)

 パチンコホールは緊急事態宣言解除で営業を再開し、徐々ににぎわいが戻ってきている。そんなホールで今、大人気なのが新機能「遊タイム」を搭載した「Pモモキュンソード」(西陣)だ。遊タイムとは「規定の回転数当たらないと時短に突入する」もので、パチンコに新風を吹き込んでいる。8月にはさらに遊タイム搭載機が続々と登場する。激動の時代と歩調を合わせるように、パチンコも一気に変わりそうだ。

 アナ ずいぶん、お久しぶりですね。

 解説委員 4~5月はホールが営業を自粛していたこともあって、ほとんど新機種も出てなかったからな。ちなみに、このPNNが休載する前、最後の記事がなんだったか覚えているかな。

 アナ 確か4月から「新解釈基準」で新たに3つの時短が可能になって、パチンコが劇的に変わる、と。

 解説委員 まさに我々は預言者だったな。

 アナ はい?

 解説委員 今、ホールで1、2を争うほどの人気を集めている機種は「Pモモキュンソード」で、その人気の理由はまぎれもなく新機能「遊タイム」を搭載したゲーム性にある。

 アナ 「遊タイム」って、「規定回転数当たらないと時短に入る」というものでしたよね。

 解説委員 モモキュンの場合は時短中の大当たり確率が約7・8分の1で、時短は250回転。つまり、ほぼ確実に当たる。しかもその大当たり後は継続率約80%の「戦RUSH」が待っているんだ。

 アナ めちゃくちゃおいしいじゃないですか。

 解説委員 しかも大当たり確率が約200分の1で、500回転ハマリで遊タイムに到達する。

 アナ 私、攻略法を見つけちゃいました。300回転ぐらいハマってる台を見つけて打っていれば、勝てるのでは? 最低でも、そこから200回転回せば大当たり&RUSH突入だし、それまでに当たることもあるでしょうし。

 解説委員 おお、すごい! 君は天才だ! …なんてなるわけないだろ。誰だって同じことを考える。だからホールでは大当たり後に即ヤメの台ばかりだし、1度打ち始めたらヤメる人は少ない。しかも君のように「あわよくば300回転ヤメの空き台がないか」と考えて定期的に巡回してくる人もいる。

 アナ なんだか当たりやすいゾーンとか天井があるパチスロみたいですね。

 解説委員 今後はパチンコでも今まで以上にスペックやゲーム性の知識が必要になるだろうな。損をしない、勝つために。そしてゲーム性をより楽しむためにも。

 アナ 今後は「遊タイム」搭載がパチンコの標準になりそうですし、積極的にチャレンジしていきたいですね。以上、PNNでした。