記事詳細

【真打 立川志らべ 口先先行一車】ジャングル大帝・志らべ 久留米2日目8R、井上から高配当狙う

 コロナ騒動で、ただでさえ息苦しいというのに、いつまでこんな陽気が続くのでしょうか。もはや、自分がジャングルに住んでいるんだと思い込むようにしております。

 よくよく考えると本来は今、オリンピックが開催されていたわけです。

 コロナ騒動がなく、オリンピックが開催されていたら、どんな状況だったでしょうね。「無駄だった暑さ対策」とか、「なぜ雨期に開催するんだ」とか言われていたかもしれませんな。

 で、1年後、オリンピックは開催できるんでしょうか? 

 オリンピックに関しては一定数、反対している人たちがいます。私も日本でオリンピックをやるのは反対でした。ただ、開催が決まって今の段階でも「オリンピックなんて中止にすべき!」とは思えないですよ。

 だって、オリンピックが中止になったら、脇本雄太がメダルを取ることができなくなっちゃうんですよ。

 それを考えると、競輪ファン、脇本ファンとしては激しく悲しい。だって、GIすら欠場してナショナルチームの活動を行ってきたわけですよ。その活躍の場をなくせなんて、簡単には言えないですよ。

 だいたい、脇本がメダルを取ってグランプリに出たら、盛り上がるだろうよ~。「競輪界の脇本」から「世界の脇本」になっているんですから。

 ただ、自分の感性に、この状況で「来年、オリンピックができるか?」と問うと、むずかしーだろーなー、と思う。

 9車立てのレース予想より難しいな!

 久留米初日は9Rで見事的中。ま、あんな1番人気(730円)で決まるとは思っていなかったけど…。

 久留米ナイター2日目は8Rで再度、オリンピックメダリストの井上狙い。井上から少しでも好配当を狙うやーつ。抜け出す井上と、岡山コンビの強襲で〔2〕-〔7〕⇔〔1〕〔4〕。

 コロナ対策に比べたら簡単なレースだよ。きっと!

 ■立川志らべ(たてかわ・しらべ) 1975年9月3日生まれ。静岡県伊豆の国市出身。落語家。2000年に立川志らくに入門。07年に二ツ目昇進。18年10月に真打昇進。趣味は音楽鑑賞、サッカー観戦。競輪の造詣が深く、好きな選手は村上義弘(京都73期)。本紙競輪面にコラム『真打 志らべの口先先行一車』を連載中。