記事詳細

【志らくの弟子 立川らく人の与太郎よそう】あくまで謙虚な落語家 久留米2日目8Rは加倉で

 久留米ナイター初日2Rの前には地元新人選手紹介も行われていましたが、やはり新人だけではなくベテランにも注目ですね。地元・久留米のベテランといえば8Rに出走する加倉正義選手です!

 初日は原口を差して余裕のある勝ちっぷりをみせていましたね。

 2日目の番組を見て再度連携の原口-加倉の並びかと思っていたら、井上に番手を譲って3番手。地元戦にも関わらず「(井上)昌己の前は走れません」となんと謙虚なことなんでしょう。それでもホームバンクなので力を発揮するはずということで、原口が先行し井上が交わして、さらに加倉が交わす。交わしの交わし〔4〕-〔2〕⇔〔5〕〔7〕で狙います!

 ここは謙虚に控えめな配当でも良いので当たってほしいところです!

 でも謙虚に素直な買い方なら井上頭ですよね。謙虚な車券の買い方は難しい!

(落語立川流二ツ目)

 ■立川らく人(たてかわ・らくと) 1985年4月16日生まれ。鳥取県米子市出身。落語家。2011年に立川志らくに入門。15年に二ツ目昇進。趣味はギター、一人旅。地元の鳥取県米子市観光大使も務める。兄弟子志らべの影響もあり競輪に手を染める。