記事詳細

【らく人の兄弟子 立川志らべの与太郎よそう】原田中心!2着には井上に期待…この車券で儲けたいなぁ

 佐世保ナイター初日9Rのメンバーを見ていると、オールスターを思い出しますなぁ。

 準決勝で島川-原田と連携し、島川が逃げて原田が番手まくりの1着。そして、決勝では、原田が逃げ、同期同学年の松浦悠士が番手まくりで見事Vという流れでした。中四国勢の層の厚さの表れなんでしょう。

 原田研太朗はデビュー後しばらくは素晴らしい逃げをしていて、追いかけていたんですが、最近はまくりばかりであまり私の好みの選手ではなくなってしまいました。そんな原田はどんな気持ちで決勝を逃げたんでしょうね?

 多くの競輪ファンは松浦のために逃げたことを「男気」と絶賛していましたが、「男気」ってなんなんでしょうね?

 なーんか、普段やってないことを他人(ひと)のためにするなんて、面白くないなあ。落語の与太郎なら、「そんなことしたって儲からねぇ」と言うだろうなあ。

 9Rは島川利す原田中心。2着には井上に期待! 〔7〕⇔〔4〕-〔1〕〔2〕でラクにひと儲けしたい?!(落語立川流真打)

■立川志らべ(たてかわ・しらべ) 1975年9月3日生まれ。静岡県伊豆の国市出身。落語家。2000年に立川志らくに入門。07年に二ツ目昇進。18年10月に真打昇進。趣味は音楽鑑賞、サッカー観戦。競輪の造詣が深く、好きな選手は村上義弘(京都・73期)。本紙競輪面にコラム『真打 志らべの口先先行一車』を連載中。