記事詳細

【山口みのり みのりぽーと】先行にこだわる成清ジュニア 準決勝で同期対決

 こんばんは、山口みのりです。松戸ナイター初日の「みのりぽーと」で注目した石井洋輝選手(福島・115期)は突っ張って押し切る強いレース! この日一番の人気決着となりました。

 2日目はチャレンジ準決勝から、地元初戦となる成清龍之介選手(千葉・117期)をピックアップ。「成清」という名字からお気付きの方もいると思いますが、貴之選手(73期)を父に持つ2世レーサーです。高校までずっと野球一筋でしたが、お父さまの背中を見て競輪選手を目指しました。以前、貴之選手は 「自分とは違い先行で戦っているから、今はその戦法のまま頑張ってほしい」とエールを送っていました。

 成清ジュニアは初日、突っ張り先行で逃げ切り勝ち。持久力が課題と話していたように、まくってきた選手に詰め寄られましたが、自ら牽制して振り切りました。ここまで優勝は2回。

 「こんなに結果が出るとは思っていなかったです。自分の力からしたら十分な成績。前回は完全優勝だけど、連勝は意識せずに先行にこだわってレースをしたいです」と意欲満々です。

 準決勝は同期の上川直紀選手(栃木・117期)と対戦。お互いが今開催で一番意識している相手だそう。成清選手は「上川さんはダッシュのキレがすごい」と、上川選手は「成清くんは優勝もしてるし、先行で強い」と分析。準決勝でプロ初対戦となり、決勝に進むには強敵! 先行にこだわる成清選手を上川選手はまくれるのか、また逆の展開になるか…。4Rチャレンジ準決勝に、ご注目ください!

(フリーアナウンサー)

 ■山口みのり(やまぐち・みのり)1986年9月28日生まれ。三重県出身。ナレーター、MC、キャスター、声優などをマルチにこなす。2012年から松戸競輪を中心に、「SPEEDチャンネル」でMCやリポーターなどを担当。また11年に「世界遺産検定1級」を取得、世界遺産アカデミー認定講師という一面もある。