記事詳細

【山口みのり みのりぽーと】ここへ向けて仕上げてきた田中晴基選手に注目!!

 山口みのりです。雨の中開幕した『燦燦ムーンナイトカップ』初日は56万円台の高配当をはじめ3連単万車券が8本もありました。9車に戻って展開も目まぐるしく、車券的には難しい初日だった方も多いのでは…。

 松戸ナイターGIII2日目の注目選手は地元の田中晴基選手(千葉・90期)です。初日は単騎でのカマし先行と積極的な動きがありました。前走の共同通信社杯は自身初めての補充出走で3日目からの参戦。

 3・3バンクでの9車レースを走り「やっぱり9車のレースが好きだな」と感じたそうです。その後はしっかり練習できる期間があり、ここへ向けて仕上げてきました。田中選手は千葉競輪場が使えなくなり、松戸競輪場へ本格的に練習地を移してからはほとんどバンクで練習されるそうで、最近は和田健太郎選手や近藤隆司選手、染谷幸喜選手などと一緒になることが多く、良い練習ができているようです。

 「今は千葉の選手の優勝ラッシュがあるから自分も続いていきたいですね。松戸競輪場は昨年の日本選手権で決勝に乗ったバンクで、その時のイメージもまだ残っています。良い思い出ですね」と田中選手は笑っていましたが、昨年からの活躍は続き、オールスター競輪でも3日間3連対でした。

 今回の目標を伺うと「決勝には乗りたいですが、それよりも納得できるレースで力を出し切りたいです」と引き締まった表情で話してくださいました。

 2日目二次予選は地元3車の先頭。準決勝、決勝を目指して10Rに登場です。ご注目ください。(フリーアナウンサー)

 ■山口みのり(やまぐち・みのり) 1986年9月28日生まれ。三重県出身。ナレーター、MC、キャスター、声優などをマルチにこなす。2012年から松戸競輪を中心に、「SPEEDチャンネル」でMCやリポーターなどを担当。また11年に「世界遺産検定1級」を取得、世界遺産アカデミー認定講師という一面もある。