記事詳細

【志らくの弟子 立川らく人の与太郎よそう】久留米最終日 坂本の番手まくりで地元V ラインの力で勝利です!

 久留米ナイター2日目12R準決勝は本命の鈴木が勝ちましたが、そう来るかという走りでしたね。先行する九州ラインの3番手に飛び付き、さらにインをすくって番手を奪いまくって勝利。

 ですが、さすがに萩原は付いていけず、ラインで勝つ走りじゃなかったですね。番手を取りにいかなくても、普通にまくっても勝てたんじゃないかと思いましたがどうなんでしょう。

 勝たないと何か言われ、勝っても勝ち方で何か言われるというのは、ちょっと気の毒な気もしますが。

 最終日S級決勝12Rはそんな鈴木ではなく地元の坂本から狙います。

 気配の良い原口が逃げれば、坂本の番手まくりで地元Vの〔1〕-〔3〕⇔〔2〕〔6〕でいきましょう!

 ラインの力で勝利です! どうか、私の予想が外れてたとしても何も言わないで!

(落語立川流二ツ目)

■立川らく人(たてかわ・らくと) 1985年4月16日生まれ。鳥取県米子市出身。落語家。2011年に立川志らくに入門。15年に二ツ目昇進。趣味はギター、一人旅。地元の鳥取県米子市観光大使も務める。兄弟子志らべの影響もあり競輪に手を染める。