記事詳細

【志らくの弟子 立川らく人の与太郎よそう】青森初日 3番手の荒沢が突き抜け交わしの交わし!

 待ちに待った寛仁親王牌(GI)が開幕しましたね。「寛」に点が付いた「寛」はパソコンでなかなか出てこないので、いつも手書き入力でやっと出てくることでおなじみ。牌じゃなく、ついつい杯や盃と書いてしまいそうになることでおなじみの大会です。

 私は寛仁親王牌を知ってから、寛仁親王のことを知ったくらいですよ。まぁ、それは言い過ぎかもしれませんが。

 とにかく初日の脇本雄太(福井)の強さです、恐れ入りました。

 多分、志らべ兄さんが脇本のレースについて詳しく書いていると思うのでそちらにお任せして。

 青森ナイター初日A級特選12Rの予想に移りましょう。ここは穴を狙って荒沢からいきます。

 欠場明けの高橋が調子を確かめるためにも駆けるはず。そして番手の栗林が抜け出し、さらに3番手の荒沢が突き抜け交わしの交わし〔5〕⇔〔7〕-〔3〕〔6〕で勝負!

 穴予想は当たるのか、そして志らべ兄さんが脇本のことを書いているという予想は当たっているのでしょうか?。この予想は当たっても何もうれしくないですが…。

(落語立川流二ツ目)

■立川らく人(たてかわ・らくと) 1985年4月16日生まれ。鳥取県米子市出身。落語家。2011年に立川志らくに入門。15年に二ツ目昇進。趣味はギター、一人旅。地元の鳥取県米子市観光大使も務める。兄弟子志らべの影響もあり競輪に手を染める。