記事詳細

【志らくの弟子 立川らく人の与太郎よそう】平塚初日 小埜が突き抜ける!高配当を狙うならば南関の嶋津-小埜

 今年の競輪祭もたくさんのドラマがありましたね。浅井康が寺崎浩から早々に切り替えたことが物議をかもし、らしくない走りで脇本雄が落車と話題に事欠かない波乱の初日で幕を開け、最終日では愛知所属としてはGI最後の連携となる深谷知と金子貴の師弟ワンツーが決まり、場内で沸き起こった「深谷コール」。

 決勝は松井宏の男駆けからの郡司浩の番手まくりとラインの絆でGI初優勝。優勝してヘルメットを投げたのに客席に届かなかったり…。詰め込んでいろいろ書きましたが、要は良い大会だったということですね!

 それでは平塚ナイター初日S級特選12Rの予想です。高配当を狙うならば、ラインが分かれた南関の嶋津-小埜でしょう。まくるホームバンクの嶋津に勢いをもらって小埜が突き抜ける〔7〕⇔〔6〕-〔2〕〔3〕で勝負!

 競輪祭の決勝は郡司を頭で買っていたので、車券はしっかり当たりました。当ててプラス収支で終えると、プラス補正がかかり、良い大会だったと思っちゃうんですよね。良い大会だと思った理由の一番は結局、車券が当たったことに尽きるかも!(落語立川流二ツ目)

 ■立川らく人(たてかわ・らくと) 1985年4月16日生まれ。鳥取県米子市出身。落語家。2011年に立川志らくに入門。15年に二ツ目昇進。趣味はギター、一人旅。地元の鳥取県米子市観光大使も務める。兄弟子志らべの影響もあり競輪に手を染める。