記事詳細

【志らくの弟子 立川らく人の与太郎よそう】平塚2日目 早坂と染谷が踏み合えば磯田のまくりごろ

 KEIRINグランプリ2020はコロナ対策のため、抽選による2000人限定の有観客。これを聞いたとき、私はてっきり1日あたり2000人の合計3日間で6000人だと思ってたんですが、予想屋さんに聞いたところ3日間で2000人らしいですね。

 さすがに少ないと思いましたがどうなんでしょうか。昨年の入場者が1万2000人ですからね。これでは抽選にとおるのは難しそうです。

 まぁ、神奈川在住ではない私はもともと応募する権利すらないので、2000人だろうが、6000人だろうが、現地で観戦することはできないのですが。

 今年のGP開催地、平塚ナイター2日目11R準決勝の予想へと参りましょう。高配当を求めて磯田から狙ってみます! 早坂と染谷が踏み合えば磯田のまくりごろ。〔6〕⇔〔4〕-〔2〕〔7〕でいってみましょう!

 今年のGPは家でのんびり見ることにします。年末の寒空のなか、観戦(感染)しないで良いので逆に良かったですよ! 完全に“すっぱいブドウ”ですが…。

(落語立川流二ツ目)

■立川らく人(たてかわ・らくと) 1985年4月16日生まれ。鳥取県米子市出身。落語家。2011年に立川志らくに入門。15年に二ツ目昇進。趣味はギター、一人旅。地元の鳥取県米子市観光大使も務める。兄弟子志らべの影響もあり競輪に手を染める。