記事詳細

【PNN】2020年人気パチンコランキング! アニメも超有名の“化け物コンテンツ”がホールを席巻

 夕刊フジが独自に選ぶ今年のパチンコベスト5を発表。今までの常連の名前はなく、新鮮なランキングになった。

 アナ 今年の1位は「Pとある魔術の禁書目録」ですね。

 解説委員 原作のライトノベルの売り上げが3100万部以上、アニメも超有名という化け物コンテンツの初のパチンコ化だから、注目はされていた。だが、ここまで人気になると予想できた人は少ないんじゃないか。

 アナ スペックもいいですよね。

 解説委員 100%STタイプだから、大当たりするたびに連チャンが期待できる。今は少なくなったスペックだが、この大ヒットで来年は復権するかもしれないな。

 アナ 2位は「戦国乙女6」ですね。

 解説委員 演出は過去のシリーズを踏襲して安定感があるし、こちらもスペックが良かった。ライトミドルで遊タイムも666回転と近いから、取っつきやすい。

 アナ 「モモキュンソード」もライトミドルの遊タイム搭載機です。

 解説委員 遊タイム搭載機としては最初期の6月に設置された。500回転ハマリでRUSH突入だから、1度打ち始めたら最後、当たるまでは誰もヤメない、という感じだったな。まだファンもメーカーも遊タイムに半信半疑の時期だったが、この機種のヒットで遊タイムに好印象を持てた。

 アナ 3位の「大工の源さん 超韋駄天」は速い連チャンに魅了される人が続出しました。

 解説委員 数秒で次の大当たりが始まるからな。信じられないほど速い。連チャン中は興奮しすぎてヤバい(笑)。

 アナ 5位は甘デジ2機種ですか。

 解説委員 個人的な好みもかなり入っているが(笑)、どちらも演出がとても面白いので、ぜひ打ってみてほしいね。まとまった出玉に期待するなら「義風堂々」、じっくり遊ぶなら「ドラム海」を選べばいい。

 アナ これまで人気ランキングで常に上位に入っていたような名前がありませんね。

 解説委員 長寿シリーズの最新機種などもリリースされたが、そこまで人気が出なかった。上位コンテンツは長く固定されてきたから、飽きがないとは言えないだろう。もうひとつ、今年は遊タイムができたこともあって、スペックに大きな差が生まれた。スペック重視で打つ機種を選んだ結果なのかもしれない。いずれにしても、いい意味でどんどん変わっていくパチンコから、今後も目が離せないな。

 アナ 年末年始にこのランキング上位の機種を打ってみてはいかがでしょう。皆さん、よいお年をお迎えください。以上、PNNでした。

関連ニュース