記事詳細

【志らくの弟子 立川らく人の与太郎よそう】伊東最終日 どのラインからでも狙えるが、ここは後藤の差し脚に期待

 静岡競輪場でGPの払戻金20万円を職員が1桁間違えて200万円支払ってしまったという事件を前に与太郎よそうでも触れたと思います。それが、なんとなんと返還されたそうです。この男性は大変な正直者ですね。

 正直、私は返ってこないんじゃないかと予想していましたよ。例え返すとしても、直接は返しに行きにくいですから、180万円分の車券を外して間接的に競輪場に返金するんじゃないかという予想もしていました。それをちゃんと直接返すんですから、これは外れてうれしい予想でした。

 払い戻しの時に、気付いていたかどうかはもう置いておくことにしましょう。善人ということにした方が良い話っぽく終われますから。

 それでは伊東ナイター最終日A級決勝12Rの予想です。どのラインからでも狙えそうですね。ここは後藤の差し脚に期待しましょう。調子抜群の石口が、青野を後方に置いて先まくりを決め、後藤が直線で差し切る〔7〕⇔〔2〕-〔1〕〔4〕〔5〕でいきます! 的中させたいですね!

 こっちの予想は外れてうれしくはならないですから。(落語立川流二ツ目)

 ■立川らく人(たてかわ・らくと) 1985年4月16日生まれ。鳥取県米子市出身。落語家。2011年に立川志らくに入門。15年に二ツ目昇進。趣味はギター、一人旅。地元の鳥取県米子市観光大使も務める。兄弟子志らべの影響もあり競輪に手を染める。