記事詳細

【志らくの弟子 立川らく人の与太郎よそう】四日市初日 北川と下岡の先行争い勃発で藤井のまくりが決まる

 さまざまな場所でクラスターが発生していますが、まさかの刑務所でも起きているようですね。外部と接触できないので、安全そうな場所の1つだと勝手に思っていましたよ。

 感染経路は職員からという可能性が高そうですね。もしくは面会人とか差し入れでしょうか。新入りが持ち込んだという可能性もあります。

 まぁ、1人でもコロナにかかると刑務所のような閉鎖空間では密は避けられないようなので、クラスターが起こりそうな場所ではありますね。お世話になっていないので、刑務所のことはよくわかりませんが。

 わかるのは、「与太郎よそう」も刑務所の受刑者も更生(校正)が必要なことくらいですかね。

 あとは校正で適当に面白くしてもらうとして、四日市ナイター初日A級特選12Rの予想へと移りましょう。ここは藤井から狙ってみたいと思います。3車の北川と積極性ある下岡の先行争いが勃発すれば、藤井のまくりが決まる〔2〕⇔〔5〕-〔1〕〔3〕でいきます。

 あっ、競輪も構成が大事ですね。

(落語立川流二ツ目)

■立川らく人(たてかわ・らくと) 1985年4月16日生まれ。鳥取県米子市出身。落語家。2011年に立川志らくに入門。15年に二ツ目昇進。趣味はギター、一人旅。地元の鳥取県米子市観光大使も務める。兄弟子志らべの影響もあり競輪に手を染める。