記事詳細

【PNN】通常時に止まれば突入! 「時短図柄」で30回転 「P春一番~恋絵巻~」(西陣)

 1993年から続く定番シリーズの最新機種「P春一番~恋絵巻~」(西陣)が登場した。ミドルとライトミドルの両スペックともに100%STタイプなので、大当たりのたびに必ず連チャンに期待が持てる。「時短図柄」を搭載し、これに当たれば30回転の時短に突入するゲーム性も新しい。大ハマリ救済の遊タイムも搭載。トータルで見てマイルドなゲーム性だ。今週から設置が始まった。

 アナ 春一番って、しょっちゅう新作が出ているイメージです(笑)。

 解説委員 最近は2~3年おきにメーンスペック機が出ていて、その合間にスペック違いが出たりしてるから、確かにいつでもホールにはなんらかの春一番が設置されている印象だな。

 アナ 今のホールには欠かせないシリーズの1つですね。

 解説委員 花札をモチーフにした和モノの定番機種だから親しみやすい。加えて今作は100%STというスペックに魅力を感じる人も多いんじゃないかな。

 アナ 今は1種2種タイプの過激なスペックが増えていますからね。

 解説委員 しかもロングSTタイプだから、大当たり後は長い時間、連チャンの期待を持って遊べるからな。もちろん、この手のST機で一般的な、前半は即当たりモード、後半は多くの演出があるモードになっているからロングSTでも飽きることはない。

 アナ 通常時も間延びしない仕掛けがありますよね。

 解説委員 「時短図柄」だな。これが止まるといきなり時短に突入する。時短回数は30回転だから、大当たりを引くのは現実的にはなかなか厳しい。ただし、もしもこの30回転で大当たりを引ければ、その後にSTに入るだけでなくて、STの後にはロング時短が付くし、万が一その両方をスルーしても1回転で遊タイムに入る。

 アナ ST、時短、遊タイムの3つをすべてスルーすることはほぼないでしょうから、実質的に次回大当たりも付いてくるってことですね。

 解説委員 この「時短図柄」も遊タイム同様に昨春から可能になったゲーム性だ。まだ搭載機種はほとんどないが、この春一番がきっかけで広く認知される可能性もあるんじゃないかな。西陣は去年、「モモキュンソード」で遊タイムの魅力をファンやホールに知らしめた実績もあるしな。

 アナ 演出面は、花魁(おいらん)がモチーフで、男性陣にウケそうです。

 解説委員 私は大当たり中に流れる「恋のバカンス」や「あゝ無情」もピッタリだと感じたな。

 アナ 穏やかなパチンコを求める人には最高かもしれませんね。以上、PNNでした。

関連ニュース