記事詳細

【えいとまん 三遊亭栄豊満の与太郎よそう】いわき平初日 関東勢の3番手・江連が軸

 今月5日を迎え、三遊亭栄豊満は30歳になりました。ひとつ心の中で「おめでとう」と言って頂けるなら幸いです。両親がボクを生んだのが30。同じ年齢になったと思うとなんだか不思議です。

 漠然と30歳ってなんだろうと調べてみると、権利としては参議院の被選挙権を獲得。そして孔子は『論語』では「三十にして立つ」としてある。学を十五より、もっと前に落っことしたボクにはどうしようもなさそうですよ…。

 さて、自分で自分を祝うケーキ代くらいは稼ぎましょう!

 このいわき平の開催に出場中の江連和洋選手は1日違いの3月6日生まれ。これは推すしかありませんね。いわき平ナイター初日S級予選11Rは関東勢の3番手・江連が軸。大本命・佐々木の仕掛けを好追走、足をためてゴール前気合で突き抜ける〔7〕-〔1〕⇔〔3〕〔4〕です。

 そういえば、男性がある条件を満たして30になると魔法使いになるって都市伝説がありますねぇ。(五代目圓楽一門会二ツ目)

 ■三遊亭栄豊満(さんゆうてい・えいとまん) 1991年3月5日生まれ。愛知県半田市出身。落語家。2015年に三遊亭栄楽に入門。18年に二ツ目昇進。趣味はマンガ・アニメ・ゲーム。現在はただのオタクだが高校時代、自転車部に所属しており競輪を賭け事ではなく競技としてやっていた。