記事詳細

【えいとまん 三遊亭栄豊満の与太郎よそう】いわき平2日目 楠野が一気にまくり切る

 脚本家の橋田壽賀子さんがお亡くなりになったとの訃報がありました。

 橋田壽賀子さんは『おしん』や『渡る世間は鬼ばかり』など数多くのドラマを世に送り出した方です。私の母がこの『渡る世間』が大好きで、子供の頃は母の隣でよく見ていました。

 登場人物は基本的にイヤな奴ばかりなので、「世の中、よっぽど、このドラマよりいい人はいるよ」と、子供ながらに思ったものです。

 しかし、大人になった今、橋田さんは人間のエゴと情愛のバランスを描くのが抜群に上手なんだと、実家に帰ったときに母親と『渡る世間』の再放送を見ながら感じましたよ。

 さぁ、渡る車券は鬼がでるか蛇がでるか?

 予想はいわき平ナイター2日目A級準決勝12R。楠野を推します。伊東と菱田の叩き合いになれば、まくり頃。楠野が一気にまくり切る〔5〕-〔7〕⇔〔1〕〔2〕〔6〕です。

 いいですか皆さん、いつだって負けて取られるのを、おしんじゃいけません!

(五代目圓楽一門会二ツ目)

■三遊亭栄豊満(さんゆうてい・えいとまん)1991年3月5日生まれ。愛知県半田市出身。落語家。2015年に三遊亭栄楽に入門。18年に二ツ目昇進。趣味はマンガ・アニメ・ゲーム。現在はただのオタクだが高校時代、自転車部に所属しており競輪を賭け事ではなく競技としてやっていた。