記事詳細

【真打 立川志らべの与太郎よそう】久留米最終日 高井に乗る桜井で勝負!

 久留米ナイター2日目はコラム『口先先行一車』でガールズ7Rをビシッと的中させて、気持ちのいいフライデーナイトでござんした。やはりこのあたりが弟弟子とは違うところですな~。

 最終日も山原さくらを狙いたいところなんですが、ちょっと動きに不安があるんですよね。でも、山原を外して狙うなんて私の信念が許しませんよ。よって、今夜は最終1212Rのおいしいところを狙っていきます。

 準決勝での井坂-石口は良かったんですが、井坂は決勝での戦績がよろしくないのです。ここは連日行きっぷりのいい高井が主導権取りでしょ。で、中団からまくる九州勢、と狙いたくなるところですが、私はあえてシンプルに、高井をマークする桜井を本命視!

 え? 桜井は最近、優勝してない?

 そうなんですよ奥さん! だからこそ狙うんですよぉ。だって、中団が九州と近畿で並走になったら、桜井さん、勝ってくださいなってなもんでしょう。さらに、3番手は仕事キッチリのベテラン内村ときたもんだ。中国コンビのワンツーで〔3〕⇔〔4〕-〔5〕。シンプルかつ、好配当を狙う!(落語立川流真打)

 ■立川志らべ(たてかわ・しらべ) 1975年9月3日生まれ。静岡県伊豆の国市出身。落語家。2000年に立川志らくに入門。07年に二ツ目昇進。18年10月に真打昇進。趣味は音楽鑑賞、サッカー観戦。競輪の造詣が深く、好きな選手は村上義弘(京都・73期)。本紙競輪面にコラム『真打 志らべの口先先行一車』を連載中。