記事詳細

【志らくの弟子 立川らく人の与太郎よそう】青森最終日 S級決勝は激戦模様。らく朝兄さんのアドバイスは「よく眠れば治る」

 一門の兄弟子の訃報をネットニュースで知る時代です。(立川)らく朝兄さんが入院していたことすら知りませんでした。

 らく朝兄さんは医者でもあった異色の経歴で、医師免許を持つ落語家という唯一無二の存在でした。今後もそんな人は出てこないでしょう。売りにしていたのは医者の知識を生かした健康落語で、医師免許を持っているので説得力が違いましたね。

 ただ、具合が悪いという落語家に対して、らく朝兄さんのアドバイスは大抵「よく眠れば治る」というものでした。いや、誰でも言えるだろ。本当に医師免許を持ってるのか? と疑ったことがあるのは内緒です。

 私が二ツ目になってからも、よく落語会の手伝いを頼まれました。前説や受付という前座に頼めばいいようなことを、しかもしっかり前座と同じギャラで…。

 何の病気だったのか知りませんが、よく眠れば治るんじゃなかったんですか、らく朝兄さん…。ご冥福をお祈り致します。

 青森ナイター最終日S級決勝12Rの予想へと参りましょう。激戦模様ですね。ラインの長さ生かして志村が先行すれば、金子が追い込む〔4〕-〔2〕⇔〔1〕〔3〕〔6〕でいきましょう。ベテランに期待です。

(落語立川流二ツ目)

■立川らく人(たてかわ・らくと) 1985年4月16日生まれ。鳥取県米子市出身。落語家。2011年に立川志らくに入門。15年に二ツ目昇進。趣味はギター、一人旅。地元の鳥取県米子市観光大使も務める。兄弟子志らべの影響もあり競輪に手を染める。