記事詳細

【PNN】ムシムシ季節ピッタリ演出「シュワシュワモード」遊び尽くせ 「Pフィーバーパワフル」(ジェイビー)

 今週から設置が始まった「Pフィーバーパワフル」(ジェイビー)は、30年も続く人気シリーズで第11弾となる。シンプルなクラシカルモード、にぎやかなパワフルモードに加えて、今作では涼しげな「シュワシュワモード」、電サポ中限定で一発告知が楽しい「パワパトモード」を搭載し、さらに演出がボリュームアップ。甘デジ&遊タイム搭載で、のんびりと遊ぶにはもってこいの1台だ。

 アナ フィーバーパワフルって、昔からあるシリーズですよね。

 解説委員 初代マシンのデビューは1992年だ。ちなみにその年の日本ダービー馬はミホノブルボンだ。

 アナ 何が「ちなみに」なんですか。

 解説委員 2着は16番人気のライスシャワーだった。今年のダービーはどんな結末になるんだろう。ワクワクするな。

 アナ 馬とフィーバーパワフル、関係なくないですか。

 解説委員 92年と聞いてピンと来なくても「ミホノブルボンがダービーを勝った年」と聞けば「あー、あの年ね」と思い出す人も多いだろ。

 アナ そんなことないと思うけど…。早く機種の紹介をお願いします。

 解説委員 ここ最近のパワフルシリーズと同じく、全ての大当たり後に8回転のST(確変)に入るわかりやすいスペックだ。

 アナ 予告演出が一切ない「クラシックモード」、にぎやかな「パワフルモード」は前作までもありましたが、新たに「シュワシュワモード」が加わりました。

 解説委員 パワフルモードの中に「シュワシュワ~」と名前の付くリーチがいくつもあるからややこしい(笑)。シュワシュワモードは水中が舞台で、演出も豊富だ。

 アナ 全モード打ってみて、好きなモードを見つけてほしいですよね。

 解説委員 本当にそう思う。私は前々作の「フィーバーパワフルDX」を打ってた時、「シンプルじゃなきゃパワフルじゃない」と考えて、しばらくクラシカルモードでしか打たなかったんだ。ところがある時パワフルモードで打ってみたらめちゃくちゃ面白くて、それまでの時間、損をしていたような気分になったという経験がある。だからぜひ全モード、たっぷり楽しんでほしいね。

 アナ 電サポ中にはこれまた新しい「パワパトモード」もありますしね。

 解説委員 一発告知のこのモードも爽快で、選ぶ人が多そうだ。

 アナ 30年前と変わらない演出も今風の演出も同時に味わえるなんて、それだけで魅力的ですね。以上、PNNでした。

 ■スペックの特徴

 全大当たり後に8回転のST(確変)へ。ST終了後には大当たりのラウンド数に応じて17回転、42回転、92回転の時短が付く。大当たりラウンド(R)数は3Rが41%、5Rが47%、10Rが12%。低確率状態で292回転当たらないと遊タイムに突入する。ただし、遊タイムは時短100回転なので、当たらずにスルーする可能性も十分にある。