記事詳細

【真打 立川志らべの与太郎よそう】川崎2日目 波乱の展開を狙って永沢を本命視

 悲しいかな、別府記念も川崎ナイターも外しまくっている今日この頃。

 川崎ナイターの初日S級特選では、ちょいと木久蔵兄さんに似ている根田の押し切りを狙ったら、パンサーの尾形さん似の小松崎がいい逃げ打って不発ですよ。

 さあ、2日目はどうしましょか? 別府記念はしつこく松浦悠士を狙いに行ってるので、川崎最終レースは波乱の展開を狙ってみましょう。

 ハッキリ言って、根田が逃げたら別線はかなり厳しい。ウサイン・ボルトに食い逃げされた定食屋のオヤジのような感じですな。

 だから11Rで逃げるのは根田と同期の宇佐見! 片岡が中団に入り、再度根田が後方なら波乱の結果が待ち受けてますよ。片岡と根田でもつれたら尚けっこう。

 で、私が本命視するのは永沢ですよ。絶好の展開からラクラク追い込んで、片岡マークから田中が中を割って追い込む〔3〕⇔〔2〕-〔4〕〔1〕〔7〕。

 ボルトに逃げられる前に、定食屋のオヤジが逃げればいいんだ! ってどんな状況…? (落語立川流真打)

 ■立川志らべ(たてかわ・しらべ)1975年9月3日生まれ。静岡県伊豆の国市出身。落語家。2000年に立川志らくに入門。07年に二ツ目昇進。18年10月に真打昇進。趣味は音楽鑑賞、サッカー観戦。競輪の造詣が深く、好きな選手は村上義弘(京都・73期)。本紙競輪面にコラム『真打 志らべの口先先行一車』を連載中。