記事詳細

【真打 立川志らべの与太郎よそう】別府GIII最終日 それでも松浦悠士「狙い変えちゃダメだよ」予想屋さんの教え

 初日特選と準決勝で松浦悠士を狙って外す私って、一体なんなんでしょう?

 しかも、山口拳矢に準決勝の壁は高いとか言っておきながら…。

 ただ、そこで日和って連勝中の郡司を狙っていくのは素人のやり方でござんすよ。

 競輪を始めた頃に予想屋さんに教わりました。「2日間ダメだからって、狙い変えちゃダメだよ。狙い続けなきゃ」と。そもそも、松浦が狙うのは優勝ですよ。松浦、郡司の順でまくって出て、中本の3着を押さえる〔1〕⇔〔3〕-〔6〕〔9〕〔5〕。

 山口が初優勝なら、ひたすらゴメンナサイ! (落語立川流真打)

 ■立川志らべ(たてかわ・しらべ)1975年9月3日生まれ。静岡県伊豆の国市出身。落語家。2000年に立川志らくに入門。07年に二ツ目昇進。18年10月に真打昇進。趣味は音楽鑑賞、サッカー観戦。競輪の造詣が深く、好きな選手は村上義弘(京都・73期)。本紙競輪面にコラム『真打 志らべの口先先行一車』を連載中。