記事詳細

【真打 立川志らべ 口先先行一車】伊豆ベロドロームへ。2回目の「わくちん」接種前に感染しませんように

 盛り上がってますな~、オリンピックと感染者の数。この時期に感染者数の記録を更新させるなんて、総理も都知事も日頃の努力が報われたってことなんでしょうか。

 「自らの記録を更新した今のお気持ちは?」

 「記録更新の要因は?」

 「今の気持ちを誰に一番伝えたいですか?」

 これくらいの会見やってほしいなー。

 それにしても、SNSで選手を誹謗(ひぼう)中傷する人っていうのはどんな人なんだろ?

 金メダルとった卓球の水谷選手とか、フェンシング団体の選手たちへ誹謗中傷する意味が私にはさっぱりわからない。実際見ていないから、どんな言葉をぶつけられているのかわからないけれど、どうやって悪口の要素を見つけているんでしょう。

 「金メダルとって報奨金までもらえるなんて羨(うらや)ましいじゃねえか!」

 「俺なんて温泉場の卓球でだって勝てないのに!」

 「剣で突き合うなんて危ないだろ!」

 私ならそれくらいのいちゃもんしか思い浮かばない。

 ま、いずれにしても感染者が増える中、おびえて過ごしている私です。何せ、あと10日ほどで2回目の「わくちん」接種するのに、今感染したら1回目の接種が無駄になってしまう。

 だから、なるべくじっとしていたい。官房長官も「県をまたぐ移動は控えるように」って言ってるし。でも今週、私は伊豆ベロドロームへオリンピックを見に行くのです。そう、国境を越えてきた人たちの戦いを、県をまたいで見に行くのです。

 もはや、私は何をどうしたらいいんだ? とりあえず、目の前の別府2日目11Rを当てればいいか!

 九州が別線で野原のまくりが人気になるかなあ。でも、新鋭・伊藤を使う松川の抜け出しに期待するぞ。野原がさばかれ、私の大好きな志智師匠が追い込んでくる〔2〕⇔〔5〕-〔1〕〔4〕〔3〕。

 オリンピック観戦記は次回の「口先先行一車」で、と思ったら、今月はこれが最後。私は間が悪い男だ~!

■立川志らべ(たてかわ・しらべ)1975年9月3日生まれ。静岡県伊豆の国市出身。落語家。2000年に立川志らくに入門。07年に二ツ目昇進。18年10月に真打昇進。趣味は音楽鑑賞、サッカー観戦。競輪の造詣が深く、好きな選手は村上義弘(京都・73期)。本紙競輪面にコラム『真打 志らべの口先先行一車』を連載中。