記事詳細

【新台の噂】50年振りにパチンコが変わる!?「Pエヴァ15」は斬新筐体と神スペックで登場するらしい (1/3ページ)

『P牙狼月虹ノ旅人』や『PF 機動戦士ガンダムユニコーン』のヒットで、盛り上がりを見せるパチンコのシマ。その激戦区へ年末、あのビッグタイトルが参戦する。「シト新生」からの原点回帰路線で人気が再燃し、新劇場版が大きな話題を呼んだのも記憶に新しい「エヴァ」である。

「Pエヴァ15」の登場で50年振りにパチンコが変わる!?

9月下旬、パチンコライター界の大御所・大崎一万発氏がエヴァ新台の最新情報をキャッチし、即座に自身のYouTubeチャンネルにて動画を公開。機種に付けられたキャッチフレーズ「50年振りにパチンコが変わる」について、「パチンコの電動ハンドルが世の中に出たのが1972年」、「それが49年前なので、50年振りというのはハンドルのことだろう」と説明。

なんと、今作ではハンドルが台の中央にあり、右手でも左手でも操作できるセンターハンドルになっているらしい。肘置きもついていて、どちらの手でも同じようにハンドルを握りながら、逆の手でボタン等を操作可能とのこと。これまで派手な役物や装飾の機種は多数出てきたが、ハンドルの進化はまさに革新的である。残念ながら現時点では、筐体やハンドルの姿を確認することはできないので、続報を心待ちにしたい。

さらに大崎氏はスペックに関しても言及。「1500個取れるタイプで継続率81%は現行の上限値」、「牙狼タイプ、あるいはユニコーンタイプ」としながらも、それら人気機種より突入率が高いことから、「随分と甘いのでは」と解説した。