記事詳細

【えいとまん 三遊亭栄豊満の与太郎よそう】別府2日目 11Rは松村の決め脚を信頼だ

 日々の競輪ライフで負けが込み、すさんだボクの目に飛び込んできたのは、とあるダービー映像。ダービーはダービーでも競輪でも競馬でもない。それは長野県の八ケ岳アルパカ牧場で行われているアルパカダービー。

 アルパカ、首の長い羊のように毛がモフモフのラクダの仲間。動いている姿はなんともかわいく癒やされる。で、ダービーですからアルパカが競走するわけです。全力を出すと時速50キロくらいで走るらしく、なかなか機敏。

 また、この映像からは牧場に来ていた子供たちの「頑張れ!」という無邪気な声援が聞こえる。競輪のダイジェスト映像で聞ける観客の声なんてせいぜい「差せっ!」「そのままっ」ですよ。まぁ、この迫真の叫びも嫌いじゃありませんが。

 別府ナイター2日目S級11Rの予想は松村が軸。初日は番手差しで勝利。準決勝は伊原のまくりに勢いを貰い、突き抜ける〔4〕⇔〔3〕-〔1〕〔2〕〔5〕。

 ズバッと当てて、今日の予想は「ラクダった」って言いたいものです。

(五代目圓楽一門会二ツ目)

■三遊亭栄豊満(さんゆうてい・えいとまん)1991年3月5日生まれ。愛知県半田市出身。落語家。2015年に三遊亭栄楽に入門。18年に二ツ目昇進。趣味はマンガ・アニメ・ゲーム。現在はただのオタクだが高校時代、自転車部に所属しており競輪を賭け事ではなく競技としてやっていた。