記事詳細

【志らくの弟子 立川らく人の与太郎よそう】松戸最終日 A級決勝12Rは単騎でも房州から

 先日、栄豊満くんが「与太郎よそう」で久々に競輪の師匠に会ったことを書いていました。そこで改めて競輪予想を学びなおしたそうです。

 「狙い目は強力な先行選手の番手」、「地元3割増し」など基本中の基本。教わった学びを基にしてガッチガチの堅い予想をこのコーナーでしていましたよ。結果、きっちり外していました…。

 学ばせてもらいましたね。「与太郎よそう」ではちゃんと穴予想をしようと。栄豊満くんの名誉のために言っておきますが、堅い予想の自覚があるのでしょう。買い目をすごく絞っていました。まぁ、絞らなくても外していたと思いますが…。

 松戸ナイター最終日のA級決勝12Rは単騎でも房州から。上川と新村の先行争いになりそうな気がしますから、房州のまくりごろで〔2〕-〔4〕〔7〕-〔4〕〔5〕〔7〕!

 私の競輪の師匠はというと、お隣(夕刊フジ競輪面)で書いている志らべ兄さん…だと思います。自信がないのは、手取り足取り教わった記憶がないから…。背中を見て学べということでしょう! いや背中もそんなに見せてもらったことないかも。 (落語立川流二ツ目)

 ■立川らく人(たてかわ・らくと) 1985年4月16日生まれ。鳥取県米子市出身。落語家。2011年に立川志らくに入門。15年に二ツ目昇進。趣味はギター、一人旅。地元の鳥取県米子市観光大使も務める。兄弟子志らべの影響もあり競輪に手を染める。