記事詳細

【真打 立川志らべの与太郎よそう】武雄最終日 好配当狙いで楢原しかいないでしょう。まくり一発だ!

 初日の紙面で“惜しい”からの卒業を宣言したにもかかわらず、留年中です…。2日目は最終レースを〔1〕⇔〔6〕⇔〔2〕で予想しておきながら結果は〔6〕-〔4〕-〔3〕。「全然惜しくねえじゃねえか」と言われそうですが、違うんです。私10Rの〔1〕〔7〕〔5〕を見事に当てているんです。レース選びが惜しいという、もどかしい野郎です。

 ただ、準決勝の最終レースは西谷岳を狙って展開的にかなり惜しかったのです。4角まで当たりそうな雰囲気がありました。なのに、西谷の淡泊な競走にはかなりガッカリ。大したさばきを受けたわけでもないのに、簡単に諦めちゃうんだもの。近畿の選手があれをやってはいけませんよ。

 武雄ナイター最終日も12Rで好配当狙い。楢原しかいないでしょう。連勝での勝ち上がりですからね。どうやって勝つのか? さすがに地元の飯塚に競っていかないかな…。

 なら、まくり一発だ! 意図的であれ、結果的にであれ、岡崎ラインに鈴木が絡んでいく展開を楢原-徳吉がひとまくり。寛仁親王牌の分をこっちにまわして、〔6〕⇔〔4〕-〔2〕〔1〕で太く勝負! (落語立川流真打)

 ■立川志らべ(たてかわ・しらべ) 1975年9月3日生まれ。静岡県伊豆の国市出身。落語家。2000年に立川志らくに入門。07年に二ツ目昇進。18年10月に真打昇進。趣味は音楽鑑賞、サッカー観戦。競輪の造詣が深く、好きな選手は村上義弘(京都・73期)。本紙競輪面にコラム『真打 志らべの口先先行一車』を連載中。