記事詳細

【真打 立川志らべ 口先先行一車】競輪とケイリンの大きな壁。私はどっちも好きなんですが

 昔から競輪の世界には大きな分断がありますな。「競輪」と「ケイリン」。競輪ファンの多くが意識的にか、無意識なのか「私はケイリンより競輪が好きだね」と言います。近ごろは選手も言いますよ。別に2つを比較することはいいんだけど、自己主張も入ってますよね?

 「私、ケイリンよりも競輪の方が奥深いことわかってますんで」って、ちょっと米倉涼子的な。それを比較することによって、どーしたってケイリンをおとしめてしまっていることに気づいていないのですよ。

 私は競輪もケイリンも好きなんですが、そういう浮気な男を世間は許してくれないんですか? 不倫じゃないよ!

 一方、先月から新しくなった千葉競輪場で始まった“PIST6”。要するに賭けるケイリンです。今どきな演出で選手やレースを盛り上げて、選手が楽しそうなのが印象的です。

 でも、車券を買うサイトでダイジェストが見られないというのはどうなんでしょう。中継では払い戻しの詳細を教えてくれないらしく、それを嘆いている人もいました。

 なぜにお互いがこんなに壁を作ってしまうのか。この壁を羨ましがるのはトランプ前大統領くらいでしょ。

 先日のPIST6を走った埼玉の白岩大助選手はSNSで、「今のままでは5番目の公営競技が誕生したカタチ」と言っていましたぞ。うまいこと言うなあと、ちょっと嫉妬しましたけど。お互いの悪いところを指摘し合ったって、一銭にもならないんだからさ、もうちょっと得なこと考えましょうや。

 まずは静岡ナイター2日目11Rで当てて得しましょう。ケイリンで世界と戦ってきた雨谷を本命視。予選であんな独走しちゃうような選手がS級2班なんだから競輪は難しいねえ。番手の武田に気を使ってのまくりかな。桜井の逃げ残りも押さえての〔7〕-〔3〕⇔〔1〕〔2〕で勝負。私の財布は分断させないぞ!

(落語立川流真打)

 ■立川志らべ(たてかわ・しらべ) 1975年9月3日生まれ。静岡県伊豆の国市出身。落語家。2000年に立川志らくに入門。07年に二ツ目昇進。18年10月に真打昇進。趣味は音楽鑑賞、サッカー観戦。競輪の造詣が深く、好きな選手は村上義弘(京都・73期)。本紙競輪面にコラム『真打 志らべの口先先行一車』を連載中。