記事詳細

【艇王・植木通彦 さわやか交友録】元バレーボール日本代表・狩野舞子さん プレーを伝える側で日々勉強、新たな発見も アキレス腱断裂2度の不運 (1/2ページ)

 ボートレースアンバサダー活動の一環でYouTube配信の番組『Dream Runner』に、元バレーボール日本代表メダリストの狩野舞子さんに出演いただきました。長身なのはもちろん足が長いのにびっくり。初めてお会いしましたが、すごく優しくて面白い方でした。

 狩野さんは中学生で日本代表候補に選ばれたセンスの持ち主です。中学生で世界を意識できる環境はなかなか経験できないでしょう。しかし、メダリストになるまでは順調なばかりではなく、2度のアキレス腱断裂を経験したそうです。当時の話を笑顔でしてくれましたが、その辺りもすごいですね。辛い時期だったと思いますが、この経験が現在も意識する健康につながるのでしょう。

 人気のYouTube配信「マイコチャンネル」を私も拝見させていただきました。色々な企画があり、バレーボールファンはもちろん初めての方も楽しめますのでぜひご視聴ください。

 バレーボールではご自身もプレーしていたことから選手へのインタビューやプレーをわかりやすく解説するなど、日々勉強しているとのことでした。試合で結果を出す選手時代とは立場が異なり、試合をわかりやすく伝える立場には新たな発見も多いそうです。私も同じことを感じました。

 対談を通して、ポジティブで前向きな印象を受け、同時に器用な方だと思いました。毎回恒例のボートの上でモンキーターンの姿勢をしていただくコーナーでは長い手足を起用に使い、ボートの中で見事なモンキー姿勢ができました。実行に移す前の短時間でのイメージトレーニング能力が素晴らしいと思います。

関連ニュース