記事詳細

【PNN】何度でもループする「C時短」の衝撃 確変転落後「時短1万回転+C時短」でダブルの救済 「P真・花の慶次2 漆黒の衝撃 EXTRA RUSH」(ニューギン) (1/2ページ)

 実験的なスペックを搭載したニューマシンが、暮れのホールにデビューする。「P真・花の慶次2 漆黒の衝撃 EXTRA RUSH」(ニューギン)は、「C時短」により、時短が何度でもループし、どこまで続くかわからない画期的なゲーム性が特徴だ。ゲーム性を理解すれば、今までにないパチンコ体験ができる。電サポ中の大当たりはすべて出玉1500発で、爆発力も文句なし。12月6日(月)から設置開始。

 アナ 慶次シリーズの新機種「P真・花の慶次2 漆黒の衝撃 EXTRA RUSH」ですが、ゲーム性がよくわからなくて…。

 解説委員 「C時短」によって時短がループする、ということを知っておけば大丈夫だ。

 アナ C時短?

 解説委員 通常の時短がA時短で、遊タイムがB時短だ。C時短は「低確率中に特定の図柄が表示された場合」に突入する時短。「特定の図柄」についての制限はないから、いつでも時短に突入させられる。

 アナ この「EXTRA RUSH」では、そのC時短がループするわけですね。

 解説委員 通常時の大当たり後はほぼ時短40回転に入る。この間はC時短が約73分の1で抽選されているから、時短を延命するチャンスなんだ。このC時短の振り分けは50、75、100、200回転で、当選すれば何度でも上書きされる。