【ロト6 どんピシャ予想】いろいろな流れを捕まえる 気になるカンチャン出現、本命数字は「15、30、34」

ロト6 どんピシャ予想

 6億円回の翌回によく出る数字に狙いを定めた前回予想だったが、結局出たのは予想からは外した「32」のみ。この傾向はもう少しじっくり見定める必要がありそうだ。そして12月4日、師走最初の第1232回。1等は1口で、ほぼ1カ月ぶりの2億円。なおも4000万円以上のキャリーオーバーが発生している。

 次回の予想。まず目につくのは前回「14、ボ16」に挟まれたカンチャン数字の「15」、そして2つのマイナス1の流れも気になる。前々回「32」→前回「31」からの「30」と、前々回「36」→前回「35」からの「34」だ。3つ揃って本命数字とする。

 対抗数字は、連発からの1回お休みで出るという黄金則に乗った数字が並んでいるのでまずはそれを。「1」と「2」で、「2」は本→ボの準連発からということになる。もう1つは「9」。第1229回「10」から翌1230回で「9」とマイナス1出現をしているが、この動きを踏襲してくるとみる。

 もう1つ気になるのは第1225回以降、やたらと前回のボ数字のプラス1が本数字として出ていることだ。第1225回「ボ36」→「37」、第1226回「ボ13」→「14」、第1229回「16」→「17」ととにかく目立つ。これは前回「ボ16」のプラス1数字「17」を狙わない手はない。まずは単穴数字に。

 さらに気になるのが第1229回「37、39」→1230回「38」のカンチャン出現。そこから1回空いて前回「38」が出た。ここで次回「37、39」が出れば、ちょうど「38」で下向きの矢と上向きの矢が対峙(たいじ)する形になる。残りの単穴数字2つだ。

 注数字にはまず連発を狙い、前回出ている数字でさしたる特徴のない「5」を。最後は1等2億円回の翌回でよく出る数字。通算と理論値アップした2月以降のトップ3のうち、すでに出た数字を除いた「3、20」を。(ロト研究家・石清水昌彰)

 ■有力数字
 ◎15 30 34
 ○1 2 9
 ▲17 37 39
 ×3 5 20

 ■第1232回の当せん番号
 本数字 5 10 14 31 35 38
 ボ数字 16
 1等当せん金額(1口) 2億円
 キャリーオーバー 44,676,530円