小泉進次郎氏、楽天・三木谷浩史氏などが通う「勝負神社」

提供:NEWSポストセブン 
三木谷氏が初詣に訪れるのは?

 政治やビジネスなど、生き馬の目を抜く熾烈な競争社会にあって勝者と敗者は一瞬にして入れ替わる。しかもその帰趨は実力通りに決まるとは限らない。そのことを身をもって知るからこそ、勝負の世界に生きる彼らの中には人知を超えた“神様”に頼る者が多い。

 2017年で最も注目を集めた「勝負」といえば、2017年10月の衆院選だ。自民党筆頭副幹事長として大車輪の働きを見せた小泉進次郎氏が「思い出深い場所」と語り、盆踊りや祭礼のたびに訪れているのが選挙区内にある安浦神社(神奈川・横須賀市)だ。『神社の謎』の著者で作家の合田道人氏がいう。

 「安浦神社には武勇の神様が祀られています。選挙に滅法強い小泉家はその御利益にあずかっているのかもしれません」

 衆院選で予想外の大躍進を果たした立憲民主党の枝野幸男代表は氷川神社(埼玉・さいたま市)に「選挙があった時に限らず、毎年、節目節目にお参りをしている」(事務所関係者)という。

 約2400年前に建立されたと伝えられる氷川神社は、人と人を繋げる「縁結び」の御利益で有名だ。

 浮き沈みの激しい世界で生きていると言えば、経営者たちも同じだ。そんな中で「2018年の台風の目」として注目を集めているのが、楽天の三木谷浩史会長兼社長である。

 年末にドコモやau、ソフトバンクと同じ携帯電話事業への参入を表明し、経済界に衝撃を与えた。そんな三木谷氏が、毎年事業の成功を祈願して初詣に訪れる場所が愛宕神社(東京・港区)だ。

 「愛宕神社の御祭神は火産霊命という“火の神様”で、1603年、徳川家康公の命で防火の神様として祀られました。また、本殿へと続く石段は“愛宕の出世階段”と呼ばれ、ビジネス開運をもたらす神社として知られています」(合田氏)

 電機業界の中でも、特に好調なのが日立製作所だ。今年度の売上高は9兆3000億円を見込み、「売上10兆円企業」まであと一歩に迫る。好業績の陰にあるのが自社敷地内に建つ熊野神社(茨城・日立市)の存在だ。

 「東原敏昭社長など歴代トップも訪れる“日立の守り神”です。1918年、当時の日立工場の敷地内に建立。以来、幹部が年頭に参拝してその年の繁栄を祈願するのが習わしです」(日立関係者)

 ※週刊ポスト2018年1月1・5日号