【夕刊フジ人生相談駆け込み寺】彼女が「田舎に帰る」と言い出し… 高須克弥氏「二重生活スタイルを導入しては」

高須克弥氏

 ■今回のお悩み

 結婚を意識している女性がいます。高校時代の同級生で昔は、あまり親しくなかったのですが、数年前に東京で再会し、深い仲になりました。

 ところが、彼女が最近、「田舎に帰る」と言い出したのです。あわてて結婚の話を切り出すと、「だって戻るつもりはないんでしょ」と言われました。

 確かに今の仕事は楽しく、辞めるつもりはありません。でも、彼女も大切なんです。どちらを取るべきか迷って、夜もあまり眠れません。(会社員・男性 38歳)

 ■回答者 高須クリニック院長・高須克弥

 お二人の置かれている状況の詳細が分からないので何ともいえない部分が多いですね。まあ、一般的には東京で働く相談者さんに女性の方がついていく、ということなのでしょうが、彼女の決意が固いということは、何かしら実家の事情を抱えているのかもしれませんね。そのあたりはいかがですか?

 ボクとしては、仕事を辞める必要はないと思います。相談者さんが真剣に結婚を考えているのであれば、まず、ご自身の収入を確保することが先決ですからね。仕事を辞めてしまっては家族を養えず結婚生活を維持するのは困難です。それに「仕事は田舎でこれから探す」では、相手方も納得しないのではありませんか。

 それよりも単身赴任みたいな感覚で、平日は東京でバリバリ働き、休日になって彼女のもとへ帰るという生活スタイルの方がいいですよ。せっかく楽しんで仕事ができているんですから、ここで辞めるのはもったいないです。

 愛知県出身のボクも昔から名古屋と東京を行き来する生活をずーっと続けています。パートナーで漫画家の西原理恵子と一緒の時間を過ごしているのは1週間に2日くらい。彼女は仕事も生活も東京が拠点ですからね。それでも何も不自由さや苦労は感じませんし、関係も良好です。

 お二人の田舎と東京との距離感は分かりませんが、これだけ交通網が発達しているのですから、新幹線などを使ってうまく生活できるのではないでしょうか。確かに交通費はかかります。その分、相談者さんが一家の長として頑張って働いてください。

 ■高須克弥(たかす・かつや) 美容外科医で医学博士。美容外科「高須クリニック」院長。愛知県出身。日本に「脂肪吸引手術」を普及させた先駆者で、「Yes、高須クリニック」のCMフレーズでもおなじみ。芸能界、財界、政界と幅広い人脈を持つ。高須院長に悩み相談ができる公式Twitterアカウント(@yes_jinsei)。

 ■読者の悩みを募集します。腹が立った、困ってます、こんな事態を乗り切る方法は…。仕事、夫婦、子供、健康、ジャンルは問わず、些細なことでも結構です。あて先は次の通りです。

 ・はがき 〒100-8160(住所不要)夕刊フジ編集局「人生相談」係

 ・ファクス 03・3231・2670

 ・メール toukou@fujinews.com

 住所・氏名・年齢・性別・職業を明記してください。掲載にあたっては「会社員・男性 36歳」など匿名で表記します。