記事詳細

不妊治療きっかけに夫婦関係に溝、義務的な行為になることも (1/2ページ)

 「不妊」とは、避妊せずに普通の夫婦生活を営み、2年間妊娠しないことを指す。およそ6組に1組が不妊治療を受けているといわれる。一般的に不妊治療は、毎月の排卵日を特定してその日に性交を行うタイミング法。それから精子を子宮に注入する人工授精、体外で卵子と精子を受精させる体外受精、顕微授精と段階を踏む。個人差はあるが、タイミング法を6回、人工授精6回、体外受精を6回と進むのが基本だとされる。

 月間670万人以上が利用するWEBメディア「こそだてハック」が不妊治療経験のある20~40代の女性約800人に「不妊治療に関するアンケート」(2016年9月)を行ったところ、35才を過ぎて不妊治療により妊娠した人の60%以上の人が体外受精、顕微授精による出産で、40才以上では約80%という調査結果だった。

 一方で、治療を経験した40才以上の80%が「不妊治療をやめようと思った」経験があるという。いちばんの理由は精神的に不安定になったから。

 「不妊治療をする夫婦は治療していることを人に知られたくないと隠している人が多いんです。周囲に相談できない分、煮詰まってしまう。治療が長期化すると、夫婦間のストレスも高まり離婚にいたってしまうケースもなかにはいます」(生殖心理カウンセラーの永井静香さん)

 不妊治療をきっかけに夫婦関係に溝ができる夫婦は多い。ある法律相談サイトには、不妊治療と関連する離婚の相談が後を絶たない。

 「夫は“子供ができなくても夫婦ふたりでやっていけばいいよ”って。でも私はどうしても、絶対子供が欲しい。私が不妊治療に真剣になるほど、彼は忙しいと言ってあまり帰ってこなくなりました。セックスもない状況ですから、体外受精に踏み切ってはいたのですが…受精卵も残り1つ。子宮に戻して成功しなかったらもう夫婦関係は続かないと思います」(不妊治療3年・37才女性)

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース