記事詳細

高原へ行こう!長野で発見ひんやり穴場「栂池自然園」 (2/2ページ)

 小谷村の古民家の古材をふんだんに使った内装と、高級リゾートホテルにも劣らない鉄平石の薪ストーブを設置した「栂池ビジターセンター」は、天気が悪い時でも家族連れが1日遊んでいられるワクワクウォール(フリークライミング用の壁)や、ドキドキロープ(スポーツ綱渡り)、ライブラリーなども完備、飲食物の持ち込みもできる公共施設の枠を超えた施設だ。

 栂池自然園は日帰りも可能だが「栂池山荘」への宿泊を強くススメたい。なぜならば、16時40分の下りロープウエー終了後は翌朝の始発到着の8時ごろまで栂池山荘とお隣の栂池ヒュッテの宿泊者だけになり、満点の星も、夜の静寂も、美しい夜明けも満喫できるからだ。日本中が込み合う8月13~19日のお盆休みの週でも「栂池山荘」の宿泊プランには若干の空きがあるから、急いで予約してほしい。

 2泊目の「サンテインおたり」もしっかりとした食事と、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉の無消毒浴槽を持つ穴場の宿だ。

  【問い合わせ】「栂池自然園」「栂池パノラマウェイ」「栂池山荘」「サンテインおたり」「道の駅小谷」「アルピコ交通」「#栂池自然園たのしー」でWEB検索

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース