記事詳細

静岡県伊豆市天城湯ヶ島温泉「落合楼村上」と、伊豆の素材をメーンとした創作会席「夏猪の塩蒸し」

★静岡県伊豆市天城湯ヶ島温泉「落合楼村上」と「夏猪の塩蒸し」

 金山開発で成功した明治の実業家が迎賓館として建てた、天城湯ヶ島温泉「落合楼村上」の創業は1874年。建物7棟が国の登録有形文化財指定を受けている。山岡鉄舟が、本谷川と猫越川が落ち合って狩野川となる地形から命名した。

 泉質はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉。洞窟風呂とつながる広大な露天風呂と、レトロモダンなローマ風呂と露天風呂は時間制で男女が入れ替わる。

 評判の食事は伊豆の素材をメーンとした創作会席。夕食の白眉は「夏猪塩蒸し」。冬に備えてたっぷりと脂を蓄えた個体が好まれる猪は、臭いが強くなる夏物は敬遠されがちだが、塩を振って余計な水分と臭みを抜いて、適度に歯応えが残る硬さに蒸し上げ、サッパリとしたジュレ仕上げのだしをタップリ掛ける。深いうま味とコクを補うのだ。

 伊豆半島の害獣駆除のため、鹿や猪の処理施設を持つ伊豆市と落合楼村上の料理長のコラボレーションが生み出した逸品だ。 (一社)プレスマンユニオン理事/温泉ソムリエ泉伝部長・板倉あつし

 ■落合楼村上 静岡県伊豆市湯ヶ島1887の1 (電)0558・85・0014。平日2人1室1泊2食2万8000円から。詳細はWEBで。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう