記事詳細

【ドクター和のニッポン臨終図巻】緒形拳さん「不惜身命」貫いた最後の演技 肝臓のことは誰にも言うなと周囲に口止め (1/2ページ)

★緒形拳(26)

 テレビドラマ『やすらぎの郷』が終了して寂しいという人が多いようです。私もそのひとりですが、倉本聰作品の中では2008年放送の『風のガーデン』も大好きです。

 医療ドラマ数あれど外科や救急医療を舞台にしたものが多い中、『風のガーデン』は緩和ケアというドラマにしづらいテーマに焦点を当てながら父と息子の葛藤を描いた傑作です。本作で、孤高の在宅医を演じたのが緒形拳さんでした。

 このドラマは2008年3月から北海道・富良野で撮影が始まり、すべてを撮り終えたのが同年9月。第1回放送が10月9日。緒形さんはその4日前、10月5日に亡くなりました。71歳でした。急死という報道がありましたが、実は緒形さんは末期の肝臓がんと闘っておられました。

 亡くなる前日の夕方に腹部の痛みを訴え、自宅から病院に搬送。がんが破裂したのです。ご家族と親友の俳優、津川雅彦さんが見守る中、入院後わずか1日半で旅立ったのです。

 緒形さんは2000年頃から慢性肝炎を患っていました。その後、肝硬変、肝臓がんと病状が悪い方に進行していきましたが、外科的治療を拒否したそうです。

 肝臓がんの原因の約9割はウイルス感染といわれています。C型(HCV)やB型(HBV)ウイルスの持続感染から慢性肝炎を起こし、肝硬変へと進み、肝臓がんになると考えられています。

 緒形さんは、肝臓のことは誰にも言うなと周囲に口止めをしていたそうです。8年にもわたる闘病中、一度も長期入院はせずに俳優業に打ち込みました。

関連ニュース