記事詳細

【薬ものがたり】胃もたれや食欲不振…胃の不調で悩む人に「パンシロン ソフトベール」(ロート製薬)

★「パンシロン ソフトベール」(ロート製薬)

 秋の味覚も堪能したいけれど、胃もたれや食欲不振など、胃の不調に悩む人がいる。そんな人々に注目されているのが、今年9月に登場した胃薬「パンシロン ソフトベール」(第2類医薬品)だ。

 胃粘膜修復成分「テプレノン」と「銅クロロフィリンナトリウム」を日本で初めてダブルで配合。健胃生薬の「ソウジュツ乾燥エキス」と「コウボク乾燥エキス」の2種類も配合しているのが特長である。

 「胃もたれや吐き気の症状があるときも服用しやすいように、1カプセルで効果を発揮するように工夫しました。食べ過ぎていないのに胃の不調を感じる方にも、快適に過ごしていただきたいのです」(ロート製薬)

 ロート製薬の創業は1899年で、最初に発売したのは「胃活」という胃腸薬だった。元祖「パンシロン」が登場したのは1962年。CMのフレーズ「パンシロンでパンパンパン!」でお馴染みの薬だ。その後、症状に合わせたパンシロンシリーズを展開し、1987年には食べ過ぎてないのに、胃の不調を感じる人向けの「パンシロンAZ」を発売した。今回の「パンシロン ソフトベール」は、日本初の配合で処方を強化し、パッケージもわかりやすくしたことで、女性からも支持されているという。

 「パンシロンブランドは、長年、胃腸の不調改善のためのさまざまな薬を発売しています。症状に合わせてご使用いただければ」(同)