記事詳細

“千人斬り”絶倫医師・中井進昭氏に聞く女体攻略の奥義 (1/3ページ)

★『壮快Z』第7弾 マキノ出版900円+税

 『壮快』といえば健康雑誌の老舗。その堅実そうなイメージの一方で、実はセックスをテーマにした『壮快Z』なる別冊ムックも刊行しているというから驚きだ。つい先日刊行された第7弾のなかでも、「千人斬りを達成した絶倫医師」が「女体攻略の奥義を公開」しているとのこと。早速本人である中井進昭医師に聞いた。

 -- 先生、千人斬りを達成されたというのは、本当なんですか?

 中井 間違いありません。今から三十数年前のことになります。2番目の嫁と結婚したとき、数えてみたら、なんと彼女が、ちょうど千人目でしたよ(笑)。

  -- それから30年近くたって、さらに体験人数が増えているのでは?

 中井 いや~、それほどでもないと思いますよ。最近では、一人一人を堪能するようにしています。性を楽しむことこそ、長生きの秘訣ですから。

  -- 今でもセックスは現役バリバリとのことですが、ズバリ、その秘訣は?

 中井 そもそも僕は、昔から猛烈に仕事してきました。正月だって休みませんよ。だから、多忙な仕事のストレスを解消する手段として、セックスがあったというところでしょうか。昔から、たいてい3人くらいはつきあってる女の子がおりましてね、月、木に会う子と、火、金の子と、水、土の子と。毎日日替わりでセックスするわけです。こうして延々続けてきたおかげで、今も現役でいられます。

 セックスしないから、セックスレスになるんです。間を空けるのが最も悪い。ED(勃起不全)になって相談にくる患者さんは、だいたい皆さん間を空けているんですね。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう