記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「白」》若者とグレーヘア(白髪)とのすてきな関係、拡大中 (2/2ページ)

 候補となる高齢者や学生は「リブ&リブ」が面接や書類審査を行いマッチングします。同居後も月に1回、高齢者と若者から生活の様子を聞き、暮らしが円滑に進むようそれぞれフォローもします。

 「住まいを提供したシニアの方からは、ひとり暮らしの不安が減っただけでなく、若者といるだけで元気になるし、学生の力になれることが生きがいにもなる、との声をいただいています」と代表の石橋ふさ子(ふさこ)さん。また学生からも、人生の大先輩が身近にいることで親にはできない相談に乗ってもらえるとの声があるそうです。契約ではなく共助の仕組みであるため、マッチングは慎重に行われ、累計11件と事例はまだまだ少数ですが、高齢者のひとり暮らしが増える中、「リブ&リブ」の取り組みは要・注目です。(A)

     ◇

 品のいいシルバーヘアに憧れる40代。

 【zak女の雄叫び】取材や日常…。女性記者21人が月ごとのキーワードで本音を綴るリレーコラムです。12月のお題は「白」です。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう