記事詳細

主婦もハマる「ソフト闇金」 狡猾な業者の狙いとは (2/4ページ)

 「私は”ブラック”で、クレカはおろか携帯電話すらまともには契約できない状態。月末など物入りの時にはよく利用する。精神的な苦痛がなく、とてもありがたいのです」

 花村さんは趣味のギャンブルなどで作った借金千数百万円を踏み倒し、クレカの契約やローンなどの組めない”ブラック”状態にある。そんな花村さんが金を借りられるのは、闇金など無届けの違法業者だけ。以前はよく「闇金」を利用していたが、現在は月一のペースで「ソフト闇金」を利用する。ネットに疎く、携帯はガラケーを使用する花村さんがソフト闇金の存在を知ったのは、業者からの営業電話だった。

 「闇金よりも金利がよく(安く)、催促をしない、というんです。本当かよと思いましたが、当時世話になっていた闇金の借金20万円分を借り換えたところ、支払額も減って、わずかばかり返済が遅れても、怖い取り立てがない。返済の相談にまで乗ってくれる」

 こう話す花村さんだが、かつて闇金業者に勤めた経験のある男性によれば、花村さんは知らない間に「カタ」にはまっていると指摘する。

 「貧乏人のケツをいくら叩いたって出ない物は出ない。ならば、低額を貸しつけて、ゆっくりやんわり切り取ってゆく。実際に高圧的な闇金業者は、客が敬遠するし、回収できないパターンも増え、何より摘発のリスクが高すぎる。それならってことで登場したのがソフト闇金。花村さんの20万円の借金は、元々3万円を借り入れたものが膨らんだ形だというから、法外な利息だし、完全に違法行為。たとえ全額返済されても、こういう客はいずれパンクする見込みがあるから、同業者間で顧客情報を共有し、たらいまわしにして、ゆっくり搾り取れば良いのです」

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース