記事詳細

お腹の調子が悪い。食事は摂った方がいい?それとも絶食? (1/3ページ)

 冬場はインフルエンザやノロウイルス、冷え、年末年始の暴飲暴食などでお腹の調子が悪くなりやすい。お腹の調子が悪いとなると、食事も何を食べればいいのか迷ってしまう。そこで「教えて!goo」「あなたはお腹の調子が良くない時は何を食べていますか?」と質問したところ、「食べない」「絶食」という回答が多く寄せられる結果に。筆者は過去にインフルエンザにかかった際、水さえ吐いてしまう状態だった。実際「食べない」ではなく、「食べることができなかった」のだ。ゆえにお腹の調子が悪いときに「食べない」「絶食」という回答も納得である。だがその一方で、体調が悪いときに「体に栄養を入れなくても大丈夫なのか?」という疑問もある。そこで今回は長岡内科医院の鈴木飛鳥先生にお腹の調子が悪い時の食事について聞いてみた。

 ■お腹の調子が悪いといっても原因は様々

 鈴木先生は「お腹の調子が悪い」といってもその原因は様々であることをまず指摘する。

 「お腹が痛くなったり、便秘、下痢、お腹が張ったりすることがあるときに『お腹の調子が悪い』と表現されます。下痢と嘔吐などの症状が重なったり、下痢と便秘が交互におこる症状を呈することもあります。『お腹の調子が悪い』原因は、胃腸炎などの消化器疾患などが多いですが、心筋梗塞などの心疾患、甲状腺機能低下症などの内分泌疾患、うつ病などの精神疾患など多岐にわたります」(鈴木先生)

 なるほど。お腹の調子が悪いだけでは消化器疾患と断定できないようだ。

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

人気Q&A