記事詳細

【健康誌イチオシ特報】尿もれ、痔…下半身トラブルを自分でケア「スロースクワット」 (2/2ページ)

 一方、女性の尿トラブルには骨盤底筋群の衰えが大きくかかわっていますが、こちらも体操を行い鍛えることで改善は可能です。

 セルフケアが有効なのは、痔にも当てはまります。痔は大きく分けて、イボ痔、切れ痔、痔ろうの3つに分類されますが、最も患者数の多いイボ痔でいえば、現在その9割はセルフケアで治すことが可能だといいます。

 実際、2月号では美女医が自ら切れ痔を治した克服記も収載しました。頻尿や尿もれ、痔といったトラブルはなかなか相談しづらいもの。

 とはいえ、ただ放置していては悪くなる一方です。その原因と対処法は知っておいて損はありません。(「壮快」編集長 安藤伸剛)

 ■マキノ出版が運営する健康総合サイト「ケンカツ!」https://kenka2.com/

 【スロースクワットのやり方】
 (1)肩幅より少し広めに足を広げて立ち、つま先をやや外側に向ける。背すじを伸ばして胸を張る。
 (2)ゆっくり5秒かけて腰を落とし=写真、5秒かけてひざを伸ばす。5回を1セットとし、少し休みながら2~3セット繰り返す。※腰を落とすとき、ひざがつま先より前に出ないよう注意する。

関連ニュース