記事詳細

【雪見温泉紀行】2つの源泉が楽しめる 会津・金山、極上の天然温泉 山里の知恵が詰まった郷土料理も (2/2ページ)

 宿泊した日本秘湯を守る会「恵比寿屋旅館」では玉梨温泉と八町温泉が楽しめる。夕食は奥会津地区ならではの、山里の知恵が詰まった郷土料理。身欠きニシンをサンショと調味液で漬け込んで、柔らかく戻したニシンのサンショ漬け。日本海側から幾つもの峠を越えて持ち込まれた貴重なタンパク源の塩漬けクジラはみそ汁仕立て。地酒や金山町産の天然炭酸水で作ったハイボールとの相性も抜群に良い。恵比寿屋のすぐ近くにある八町温泉は、素朴な風情満点の混浴(女性限定日もある)風呂だ。大塩温泉共同湯の黄褐色の湯はとにかく良く温まる。

 只見川沿い湯倉温泉の旅館「鶴亀荘」の温泉は黄白褐色の湯で源泉温度は61・3度。食事もうまいと評判。湯倉産のクルミを使ったクルミ豆腐、干し柿チーズ、花豆などの地の食材を繊細に美しく仕上げる夕食は二十余品。大ぶりな子持ちアユの有馬煮(実サンショを用いた煮物)は、濃すぎず甘すぎず、中骨も気にならない絶妙の煮加減が素晴らしい。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース