記事詳細

【雪見温泉紀行】長崎県雲仙温泉でみえる「霧氷の幻想」 強酸性の個性的で力強い泉質も (2/2ページ)

 宿泊した「宮崎旅館」の創業は1929(昭和4)年、日本初の自動ドア、日本初の展望エレベーター導入など先進性を持ちながら日本の伝統を守る古き良きホテル旅館スタイル。部屋出しの夕食は三十余品と豪華。料理長オリジナルの赤ワイン入り割り下で作る「雲仙宮崎旅館特製トマトすきやき」は、島原半島原城トマトのグルタミン酸と、牛肉のイノシン酸のうまみ成分が見事にマッチした逸品。

 源泉・邪見地獄の泉質は単純酸性温泉。源泉温度は79・2度。PHはレモン汁と同等の2・5なので殺菌力は抜群、慢性皮膚炎などに効果が高い。白濁の湯は酸味があり、硫化水素臭がある、正真正銘の源泉かけ流しだ。

 【問い合わせ】「雲仙温泉観光協会」「雲仙ロープウェイ」「雲仙湯元ホテル」「雲仙宮崎旅館」「#雲仙たのしー」でWEB検索

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース