記事詳細

【PNN】ガッツンガッツンのEcstasy♪ ライトミドルも小当たりRUSH健在「ぱちんこ GANTZ EXTRA」

★「ぱちんこ GANTZ EXTRA」(オッケー)

 昨年、大ヒットした「ぱちんこ GANTZ」が、パチンコ界に再び旋風を巻き起こす。「ぱちんこ GANTZ EXTRA」(オッケー)は、演出やゲーム性は前作そのままに、約2倍当たりやすくなったライトミドルスペックで登場。ガンガン増えるSUPER小当たりRUSH「EXTRA」の快感をより手軽に味わえる。設置開始は週明け19日から。

 アナ 「ぱちんこ GANTZ」のライトミドルスペックが出ます。

 解説委員 最近はライトミドルコーナーを拡大しているホールも増えているから、タイミングはドンピシャだ。大当たり確率が約199分の1じゃなくて、約158分の1というところもいい。

 アナ ライトミドルといえば「199」ってイメージですよね。

 解説委員 少し前までは400分の1のマックスを基準として、300分の1がミドル、半分の200分の1がライトミドル、と呼ばれていた。今は319分の1が大当たり確率の下限だから、従来の考え方であれば半分の160分の1程度がライトミドルと呼ばれる確率帯のはずなんだ。

 アナ 言葉の定義よりも、重要なのは面白いかどうか、では…。

 解説委員 それは言うまでもないだろう。昨年1月の登場以来、少なくとも数カ月はホールのメーン機種としてパチンコを引っ張った大ヒットマシンが「ぱちんこ GANTZ」で、今作はその「スペック違い」だ。演出もゲーム性もそのままだから、この機種も面白いに決まっている。

 アナ 前作はSUPER小当たりRUSHの「EXTRA」が人気の最大の要因でしたよね。

 解説委員 普通なら「早く当たれ」と思う確変中に、逆に「当たるな、当たるな」と願うゲーム性は新鮮だったからな。

 アナ うまくハマれば(笑)、大当たりしていないのに大当たり数回分もの出玉が得られたりもしますしね。

 解説委員 EXTRAに入るきっかけとなるのが16ラウンド大当たりの「超GANTZ BONUS」だが、それを告知する演出も盛り上がる。ギミックに大きく「100てん」と表示された時の興奮は、他の機種では味わえない。

 アナ そこも含めて、ミドル版のすべての演出をそのまま楽しめます。

 解説委員 「スペック違い」ではあるが、元が大ヒットマシンだし、SUPER小当たりRUSH搭載の大ヒット機種が甘い確率で出るのも初めて。ライトミドルにも新たな潮流をもたらす可能性すらあると思うよ。

 アナ 小当たりRUSHの醍醐味(だいごみ)を多くのパチンコファンが味わえるといいですね。以上、PNNでした。

 ■スペックの特徴 スペック表の右は前作(ミドルスペック)。今作は通常時が約2倍当たりやすくなっているが、確変中はそこまで当たりやすいわけではなく、従ってSUPER小当たりRUSHの「EXTRA」の魅力が損なわれることもない。約50分の1という確率を無視した大ハマリを期待したいところだ。右打ち中の超GANTZ BONUSとそれに続くEXTRAの割合はミドル機と変わらず全大当たりの30%。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう