記事詳細

【人とペットの赤い糸】尿や糞をそのまま…人とペットの共生社会実現には、飼い主のマナー向上や教育が必要 (1/2ページ)

 ペットは人間にとって、家族にとって、かけがえのない喜びや楽しさをもたらし、人の生活の質(QOL)を高めてくれることを今までの本コラムで紹介させていただいた。

 昨年末実施したペットフード協会の全国犬猫飼育実態調査の「飼い主の責務認知の項目」についてさまざまな意見が寄せられた。そのトップ3は、1位「その動物が死ぬまで責任をもって飼うこと」83・6%、2位「他人に迷惑や危害が発生しないような飼い方をすること」73・6%、3位「その動物の生態や習性、生理などを十分に理解すること」64・6%となっている。

 ペットフード協会会長時代の2011年、ペットフードの知識のみでなく飼い主のマナー向上を目的に「ペットフード/ペットマナー検定公式テキスト」を発行し、インターネットを通じて受けられる試験制度を導入し、飼い主のマナーの啓発活動を開始した。今までに約2500人が資格を取得している。

 一方、最近のマナーに関して、「犬の飼い主が家の玄関先に尿や糞(ふん)などを排泄(はいせつ)させ、そのまま立ち去るので困っている」「犬の鳴き声がうるさい」「リードを離して散歩している」などの苦情が行政に寄せられている。人とペットの共生社会を実現するには、飼い主のマナーの向上が不可欠だ。まずは次のことを実施したい。

 (1)むやみに人を咬んだり、吠えたりしないようなしつけを身に付けさせたい。ドッグトレーナーに相談してみるのも良いだろう。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース