記事詳細

【人とペットの赤い糸】人・動物・環境を守るワンヘルス理念 三者全てが欠かせない (2/2ページ)

 動物から人へ感染する病気、また、環境によって人と動物双方の健康が脅かされることが多くなってきていることに鑑み、2015年5月にグローバルヘルスの向上を目的に、「One Health(ワンヘルス)」の理念の下、スペインのマドリードで人間の医師と獣医師を中心にした第1回のワンヘルスに関する世界会議が開催された。

 ワンヘルスとは、人の健康、動物の健康、環境の保全のためには、三者の全てを欠かすことができないという認識に立ち、それぞれの関係者が「One for All,All for One」(1人はみんなのために、みんなは1人のために)の考え方に基づいて緊密な協力関係を構築し、活動していこうとする理念のことだ。要するに、専門家一人一人がそれぞれの立場で人の健康、動物の健康、環境の保全に貢献していこうという考え方である。

 日本では、16年11月に日本医師会の横倉義武会長と日本獣医師会の蔵内勇夫会長のリーダーシップの下、世界獣医師会、世界医師会によるワンヘルスに関する2回目の国際会議が福岡県北九州市で開催された。ワンヘルスに関して重要な福岡宣言がなされ、その後のワンヘルスの考え方の推進に弾みをつけた。

 ■越村義雄(こしむら・よしお) 一般社団法人「人とペットの幸せ創造協会」会長。同ペットフード協会名誉会長。一般財団法人日本ヘルスケア協会理事、「ペットとの共生によるヘルスケア普及推進部会」部会長など。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース