記事詳細

【健康誌イチオシ特報】棒を使った「四股ワット」で下半身強化 全身の血流促進に効果的、ぽっこりおなかも撃退 (2/2ページ)

 「棒術整体専用の棒もありますが、自宅にある60センチほどの長さの丈夫なものなら何でもけっこう。柄の長いほうきやモップ、ゴルフクラブなど、自宅には意外と適した棒があります」(権正氏)

 やり方は、しごく簡単。背中のなるべく上のほうに棒をあてて、ひじに引っ掛けて立ちます。すると、胸がグッと開き、姿勢がよくなるのが実感できるはず。そのままの姿勢で、足を大きく広げてスクワットをします。

 「膝をしっかり開き、お尻を真下に下げるイメージで行うのがコツ。お尻を深く下げると、負荷が増えます。まずは浅めにスクワットを行って、体力のある人は腰をさらに深く下げて行うとよいでしょう。1日20回、朝晩行うのがおすすめです」(権正氏)

 血行改善はもちろん、足腰の筋肉強化やぽっこりおなかの撃退にも有効です。ぜひ、実践してみてください。

 【四股ワットのやり方】
 〔1〕背中に棒をあてて肘で引っ掛け、上半身を正す。脚は肩幅より開き、つま先を外に向けて立つ。
 〔2〕ひざを曲げて、お尻を垂直に下ろすようにスクワットする。体力に合わせてお尻を下げる深さを調整する。
 ■ポイント ひざを曲げるとき、ひざの開きがつま先より内側にならないように注意する。