記事詳細

【今からトレーニング】いびきを抑える呼吸法 喉頭蓋筋肉強化で、寝ても舌が落ちにくくなる (1/2ページ)

★おやじヨガ呼吸編(4)

 今回は「いびき」に効果的な呼吸法を覚える。家族から「いびきがうるさい」と言われて悩んでいる人はぜひ実践してほしい。教えてくれるのはインド政府公認ヨガインストラクターでYoga World.Tokyo CEOの無藤智恵美さんだ。

 「私の知り合いは、この方法でいびきがなくなりました。とても効果的な方法です。方法の1つは起きているとき、つまり普段の生活の中で口ではなく鼻呼吸を習慣化することです。習慣にできると、寝ているときも鼻呼吸になり、早い人はこの習慣化だけでいびきがなくなることもあります」(無藤さん)

 さらに効果を高めるために、あおむけになったときに舌が下にダラリと落ちていびきの原因にならないように喉頭蓋(こうとうがい)の筋肉を強化するトレーニングをしよう。それが「ウジャイ呼吸法」だ。

 やり方は、のどの奥を引き締めて呼吸音が出るように息を吸ったり吐いたりする。まずは、呼吸音が出るように両鼻から息を吸う。吸いきったときには、息を吸っているような、呼吸が止まっているような、という状態になるまで吸い、そのあとに自然に吐きたくなったら同様に呼吸音が出るように両鼻から息を吐く。息を吐ききったときも、息を吐いているような、呼吸が止まっているような、という状態まで吐き、吸いたくなったら自然に息を吸う。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう