記事詳細

【夕刊フジ人生相談駆け込み寺】人前でうまく話せない… 野村宏伸氏「ネガティブな発想を前向きに」 (2/2ページ)

 それと、ある程度の自信ですね。仕事に対して自信があるからこそ、しっかりやりこなすことができると思います。

 相談を見ると、仕事だけでなく、プライベートで初対面の人と話すときも緊張するということですが、少し自意識過剰な部分があると思います。他人はそんなにあなたのことを気にしていないと考えれば、別に緊張する必要はありません。

 常にネガティブな発想が先行しているようにも感じます。それをポジティブ思考に変えてみてください! 失敗してもいいじゃないですか!

 一生懸命に相手に理解してもらおうとする姿勢があれば、あなたの話に耳を傾けるはずです。あなたらしさを逆に生かしてみてください。小さいながらも成功体験が積み重なれば、きっと自信がついて、素晴らしいプレゼンができるようになると思います。(次回の回答者は大相撲解説者の舞の海さん)

 ■野村宏伸(のむら・ひろのぶ) 俳優。1965年、東京都生まれ、84年、映画「メイン・テーマ」のオーディションで2万3000人の中から選ばれ、俳優デビュー。同作で日本アカデミー賞の新人賞を受賞する。「キャバレー」(86年)で映画初主演を果たし、「教師びんびん物語」(88年)などテレビドラマにも出演。その後も、本格派俳優として映画、テレビ、舞台で活躍を続けている。

 ■読者の悩みを募集します。 腹が立った、困ってます、こんな事態を乗り切る方法は…。仕事、夫婦、子供、健康、ジャンルは問わず、些細なことでも結構です。あて先は次の通りです。

 ・はがき 〒100-8160(住所不要)夕刊フジ編集局「人生相談」係

 ・ファクス 03・3231・2670

 ・メール toukou@fujinews.com

 住所・氏名・年齢・性別・職業を明記してください。掲載にあたっては「会社員・男性 36歳」など匿名で表記します。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう